TOPICS

コロナ禍に沖縄挙式が注目される理由とは?安心して挙式を楽しむには

こんにちは!チュチュリゾートウェディングです。

 

結婚式をしたいけれど、新型コロナウイルスの影響で挙げるべきか悩まれている方も多いのではないでしょうか。

 

コロナ禍でも安心して挙げられると、少人数でのリゾート婚が近年注目されています。

今回はコロナ禍で沖縄挙式が注目されている理由や、ゲストに安心して参列してもらうための工夫をご紹介します。

 

 

コロナ禍で沖縄挙式が注目される理由とは?

コロナ禍で結婚式を挙げるか迷われるカップルが多い中、リゾート婚に人気が集まっています。

なかでも、とくに沖縄が注目されている理由をご紹介していきましょう。

 

3密を回避し、海外気分を味わえる

コロナ禍の影響で海外への渡航のハードルが高くなったため、国内で気軽にリゾート気分を味わえる沖縄挙式の需要が高まっています。

 

青い海・大自然のロケーションを楽しめる沖縄は以前から人気がありましたが、コロナ禍以降は沖縄の開放的な空間が「3密を避けることができる」という点からも注目されています。

 

海外と比べて費用も抑えられて移動距離が短く、密を気にしなくて済む安全性が人気の理由といえるでしょう。

 

少人数でアットホームな時間を過ごせる

沖縄で行うとなるとゲストの負担もあるので、両親や限られた親族、親しい友人のみの少人数の結婚式を行うことが多いです。

 

沖縄県観光振興課「令和3年 沖縄リゾートウエディング統計調査結果(年間)」によると、平均参列者は12.7名でした。

少人数なので密を避けることができ、ゆっくり会話を楽しみながらのアットホームな時間を過ごせますね。

 

新郎新婦おふたりのみでハネムーンを兼ねた挙式を行うケースもありますよ。

 

コロナ禍で結婚式に対する考え方が変わった

コロナ禍で結婚式に対する考え方が変わったことも理由の1つでしょう。

 

新型コロナウイルスの感染拡大の懸念から、結婚式を実施するか迷う方が多くなりました。

ブライダル総研「結婚トレンド調査2021」によると、コロナ禍で結婚式を実施することを迷ったと答えた割合は90%以上でした。

 

ただし、結婚式を行った90%以上が「結婚式を行って良かった」という回答をしています。

 

一方で招待人数は42.8人と少なくなっており、人数は限定して距離をとれる空間でなら、人生の節目として結婚式は挙げたいという方向に変化しているようです。

 

大人数で挙げない分、その費用で「料理をアップグレードしてゲストにおもてなししたい」「フォトを充実させたい」「優雅なリゾートホテルを満喫したい」「両親に感謝の気持ちを込めて旅行もプレゼントしたい」といった声もあり、沖縄挙式の需要が増えている傾向にあります。

 

 

 

コロナ禍でも安心して沖縄挙式を楽しむには?

コロナ禍での結婚式を楽しむために外せないのは、やはりコロナ対策についてです。

 

新型コロナウイルスが流行してから、式場ごとにガイドラインが設けられるようになりました。

主催する新郎新婦も招待されるゲストも、各施設のガイドラインに沿って行動することで、安心して結婚式を楽しむことができるでしょう。

 

制限のある中でも沖縄での時間を楽しむための、withコロナ・afterコロナに適した結婚式への準備についてもご紹介します。

 

沖縄挙式に招待するゲストを不安にさせない準備をする

沖縄挙式にお互いの両親や親しい友人を招待する場合、招待を伝える前に「感染対策」についてしっかり確認しておくと安心していただけます。

 

挙式時は一人ひとりのマスク着用はもちろん、アルコールによる消毒、こまめな検温・換気、パーテーションの設置など、ガイドラインに沿って準備を行っていますが、必要があれば事前に確認してみると良いでしょう。

 

ゲストに声をかける時や招待状を送る時に、どのような感染対策を行うのかできるだけ具体的に詳しく伝えることで、安心して参加してもらえるでしょう。

 

さらに「こんな時期だからこそ、開放的な沖縄で3密を避けて家族の絆を深めたい」「入籍の喜びを大切な人たちで共有したい」という気持ちや、少人数で行うことも伝えておくと良いでしょう。

 

安心して楽しめる沖縄挙式のプランを立てる

感染への不安なく楽しめる挙式のポイントや方法を知っておくと安心です。

 

密を避けた挙式プラン・会場を選ぶ

沖縄では、緑鮮やかなガーデンの中で挙式ができるガーデンウェディングや、青い海が目の前に広がるビーチウェディングも人気です。

屋外での挙式は、さわやかな海風を感じられ、開放的な空間で安心して楽しむことができますね。

 

チャペル内の挙式では、密集が回避できるような形式にすることや、窓が多く換気しやすい会場を選んだりするのも良いでしょう。

ちなみにTUTU沖縄のチャペルは、距離を取りやすい広さで開放的な空間となっております。

感染対策もしっかりと行っているので、安心して挙式をお楽しみいただけますよ!

 

開放的なロケーションでフォトウェディングを行う

沖縄といえば、青い空と白い砂浜のロケーション。

開放的な空間なので、3密を気にせず写真撮影を楽しむことができます。

 

ゲストは招かずに2人だけで写真だけのフォトウェディングをしたり、フォトウェディングのみを行った後に家族旅行を楽しむというケースもあります。

 

2人だけのフォトウェディングなら、感染拡大でキャンセルになるという心配も少なく、安心して楽しめますね。

 

「結婚式を挙げなくても、式の雰囲気を感じたい!」という方は、海の見えるチャペルで撮影というのも良いでしょう。

 

日程変更・キャンセルとなった場合の対応を確認しておく

コロナ禍の影響、やむを得ない理由で沖縄挙式の開催が難しい場合は、基本的にはキャンセル料が発生してしまいます。

 

契約書には様々なことが記載されていますが、「解約期日」は必ず確認しましょう。

挙式を予定していた日から何日前なのかでキャンセル料等は変わってきます。

解約日は一報を入れた日か書類手続きをした日かなど、いつを指すのか確認しておくことも重要です。

 

「延期」なのか「キャンセル(中止)」なのかでも対応が変わってくるので、あらかじめ聞いておくと良いですよ。

 

もし開催が不安な場合は、キャンセル料などを補償するブライダル保険についても調べてみると良いでしょう。

 

 

コロナ禍での沖縄挙式は3密を避けてロケーションを楽しもう

コロナ禍により結婚式を挙げるか迷うカップルがほとんどの中、沖縄挙式が注目されています。

注目される理由は、3密を避けながらも、海外のようなロケーションを楽しむことができること!

 

沖縄挙式では少人数で行うことが多くなるため、大切な家族や友人たちとアットホームな時間を過ごすことができるでしょう。

 

また、コロナ禍により結婚式に対する考え方も変わりつつあります。

結婚式は挙げたいけれど「人数は限定して距離をとれる空間でなら」というカップルも増えており、沖縄など国内リゾートで挙げる方が多くなっています。

 

大人数で挙げない分、その費用で「両親に感謝の気持ちを込めて旅行もプレゼントしたい」といった理由から、選ばれることもあるようです。

 

コロナ禍でも沖縄挙式を楽しむためには、招待する際に少人数であることや感染対策について詳しく説明すると安心してもらえますよ。

 

沖縄挙式で考えている方は、チュチュリゾートウェディングにぜひ気軽にご相談ください!

おふたりの思い出に残る素敵な結婚式をご提案します♪